無職父さんの目指せ!!節約生活

最近は息子(小学1年生)の不登校とも戦っています。2年生になりとりあえず不登校は解消されました。

うつで退職、すでに4年が過ぎようとしています。

社会復帰できるまで節約で頑張っていますが、ここへきて新たな問題が・・・

小学1年生の息子が学校へ行けなくなりました。

今は妻が学校まで連れて行っていますが、これからどうなる事やら

2年生になりとりあえず不登校は解消しました。

障害年金の受給金額



スポンサーリンク

今日は障害年金の受給金額について記載します。

 

昨日の記事で障害年金には障害基礎年金と障害厚生年金がある事を書きました。

今日は具体的な金額を記載します。

 

 

まず障害基礎年金は1級及び2級に支給されます。

2級の場合、老齢基礎年金の満額である779,300円。

1級の場合、老齢基礎年金の満額である779,300円×1.25で974,125円。

 

次に障害厚生年金は1級~3級に支給されます。

3級は障害厚生年金のみと言う事ですね。

 

1級の場合、障害基礎年金の額+厚生年金の報酬比例の年金額×1.25。

2級の場合、障害基礎年金の額+厚生年金の比例報酬の年金額。

3級の場合、厚生年金の比例報酬額の年金額(最低584,500円)

 

まとめるとこんな感じです。

f:id:dango_1974:20171122170944j:plain

あと障害基礎年金には子の加算、障害厚生年金には配偶者の加算があります。

 

障害基礎年金の子の加算額は下記になります。

第2子まで1人当たり224,300円

第3子以降は1人当たり74,800円

 

次に障害厚生年金の配偶者の加算は224,300円となります。

 

(例)初診日が会社員で障害の程度が2級の場合は障害厚生年金となります。

厚生年金の報酬額が400,000円。配偶者と子供1人とした場合の年金額は下記になります。

 

779,300円(障害基礎年金の額)+224,300円(子の加算)+400,000円(厚生年金の報酬比例の年金額)+224,300円で合計が1,627,900円となります。

 

ちなみに3級の場合は厚生年金の報酬比例の年金額の最低保証額で584,500円となります。

 

障害基礎年金だと同じ条件で1,003,600円となり厚生年金の方が優遇されているのが判りますね。

 

詳細は厚生労働省のHPを確認してください。

障害年金|日本年金機構

 

さて、今日はこの辺で。

次は申請について書いていきます・・・たぶん。

 

あとこちらのブログも更新していますのでまた見に来てくださいね。

ダイエット始めます!!

 

ランキングの参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。

 


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 小学生日記ブログ 小学生 不登校へ
にほんブログ村

人気ブログランキング