無職父さんの目指せ!!節約生活

最近は息子(小学1年生)の不登校とも戦っています。2年生になりとりあえず不登校は解消されました。

うつで退職、すでに4年が過ぎようとしています。

社会復帰できるまで節約で頑張っていますが、ここへきて新たな問題が・・・

小学1年生の息子が学校へ行けなくなりました。

今は妻が学校まで連れて行っていますが、これからどうなる事やら

2年生になりとりあえず不登校は解消しました。

後悔してること



スポンサーリンク

人生は選択の連続ですが、今までの選択で間違いだったと後悔していることが多々あります。(まだ44歳なので死ぬときには良かったと思う可能性もありますが・・・)

 

その中で一番後悔しているのが、心療内科を受診したこと。

 

前にも書いたかもしれませんが、僕のうつの原因は他グループの管理職のパワハラとも思える対応でした。

 

僕の所属していた部門は他者に責任を押し付け責任逃れをする人が多々いました。

部署と言うより事業本部全体と言った方が良いのかもしれません。

 

幹部や各部門の責任者のなかで責任の所在をはっきりさせ対策を練ることが本来の筋だと思うのですが現実は上司が部下に責任転嫁し、またその人が部下に責任転嫁すると言った具合です。

 

僕を追い詰めたその管理職もそんなタイプの人でした。

 

僕は製品に使用している部品の取引先工場を監査する仕事をしていました。

その取引先の部品で大きな不良があると必ず監査した人の責任にされてしまいます。

大した役職でもないのに関係部門の管理職(部門長にも)に責められ・・・あげくに自部門の管理職にまで責められるしまつです。

 

言い訳じゃないけど工場の監査をして不合格にすると上から圧力をかけて合格にさせるようなところです。

 

出来る限り問題点は改善はさせていたけどいずれボロが出ても仕方ない・・・。

って僕も責任転嫁してるか・・・僕も毒されている様ですね。

 

前置きが長くなってしまいましたね。

 

診療内科へ受診した前日も責任を押し付けボロクソに言われました。

その日の帰宅後、悔しくて過呼吸になってしまいました。

 

以前から気持ちの落ち込みや不眠、出社前の吐き気がありました。

そんなこともあり翌日、心療内科を受診しうつ病と診断されました。

 

本当は1週間くらいの診断書をもらい僕を追い詰めた管理職の責任を部門長に判らせたいと言う打算がありました。

 

が、実際に出た診断書は1ヵ月の休職が必要でした。

 

この時、僕の中で緊張の糸が切れた感じでもう休んでいいんだとほっとしました。

これが悪かった・・・。

無理やりでも出社していれば一時の落ち込みで済んだのではないかと思わずにはいられません。

 

そうすれば退職に追いやられることもなかっただろうと思っています。

 

まぁ、その後に同じようになる可能性もあるんですけどね。

そんな感じで心療内科へ受診してしまった事が一番心残りです。

 

うつ状態が長引いて死にたいほどつらい人はすぐに受診して下さい。

でももう少し余裕があるのならあと少し頑張ってみるのも良いかなと思います。

あとで後悔しないために。

  

またこちらのブログもよろしくお願いします。

ダイエット始めます!!

 

ランキングの参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。

 


にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小学生日記ブログ 小学生 不登校へ
にほんブログ村

人気ブログランキング