無職父さんの目指せ!!節約生活

最近は息子(小学1年生)の不登校とも戦っています。2年生になりとりあえず不登校は解消されました。

うつで退職、すでに4年が過ぎようとしています。

社会復帰できるまで節約で頑張っていますが、ここへきて新たな問題が・・・

小学1年生の息子が学校へ行けなくなりました。

今は妻が学校まで連れて行っていますが、これからどうなる事やら

2年生になりとりあえず不登校は解消しました。

低身長の主な原因2



スポンサーリンク

今度は北海道で大きな地震がありましたね。

台風に引き続き地震・・・日本はどうなっているのでしょうね。

自分の命は自分で守る、日頃から災害時に備えて準備をする事が重要だと思いました。

地震の被害状況は未だに良く判ってませんが、亡くなった方や怪我をされた方が少ない事を祈るばかりです。

 

さて、低身長の主な原因の続きです。

utsu-musyoku.hatenablog.jp

前回はホルモン分泌の異常による成長障害を記載しましたが、今回は2番の染色体異常による成長障害についてです。

 

染色体異常による成長障害はターナー症候群とプラダ―・ウィリ症候群があります。

先に書いておくと息子の場合は当てはまりません。

 

まずターナー症候群は女の子だけに起こり日本人の女の子の500人~1000人に1人と言われています。

 

通常の女の子の性染色体は2本のx染色体のところがターナー症候群の女の子はx染色体が1本しか無かったり一部が欠けています。

 

特長は低身長、低体重で生まれ-2SDの成長曲線に沿い成長するものの年々-2SDから離れていきます。

 

また生まれたときに手足の甲にむくみがあったり、首の両側の皮膚にひだがあったり肘から下が外側に反るなどが現れることがあります。

 

小さくても均整の取れた体形で知能も正常ですが、二次性徴が見られない子が約8割いてほとんどの場合妊娠や出産が困難です。

また心臓病や難聴の合併症があることもあります。

 

次にプラダ―・ウィリ症候群は15染色体の遺伝子異常により発症します。

男女ともに発生の可能性があり新生児、乳幼児期に筋力低下や過食、肥満低身長、精神遅滞、性腺機能低下がみられます。

 

最初にも書きましたが、息子は男の子(当たり前ですが)なのでターナー症候群の可能性はありません。

また過食、肥満には程遠い状態ですし、筋力の低下や精神遅滞もみられない(たぶん)のでプラダ―・ウィリ症候群もあてはまりません。

 

小児科の先生も染色体異常については全く気にしていませんでした。

 

またこちらのブログもよろしくお願いします。

ダイエット始めます!!

 

ランキングの参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。

 


にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小学生日記ブログ 小学生 不登校へ
にほんブログ村

人気ブログランキング