無職父さんの目指せ!!節約生活

最近は息子(小学1年生)の不登校とも戦っています。2年生になりとりあえず不登校は解消されました。

うつで退職、すでに4年が過ぎようとしています。

社会復帰できるまで節約で頑張っていますが、ここへきて新たな問題が・・・

小学1年生の息子が学校へ行けなくなりました。

今は妻が学校まで連れて行っていますが、これからどうなる事やら

2年生になりとりあえず不登校は解消しました。

いじめアンケート



スポンサーリンク

息子の学校でいじめのアンケートがあったようです。

このアンケートは定期的に実施されています。

 

息子も1年生の時にこのアンケートのおかげで先生に、そしてみんなに思いを伝えることができて学校へ行く不安が少しですが解消されました。

 

こう言ったいじめに対する取り組みは有り難いですね。

今後ももっと積極的に取り組んでほしいと思います。

 

そして今回のアンケートで3人の子供がいじめられていると書いたそうです。

そのうち2人はちょっと意外な子、しっかりしているし嫌なことは嫌と言える子なので。

 

そしてもう1人は1年生の時に息子に嫌がらせをして学校へ行けなくなった原因の一部を作った子でした。

 

何があろうがいじめは駄目、複数人で1人を攻撃する事は卑怯なことなのですが・・・。

あんな事してたらなぁと思ってしまうのも事実です。

昨年の恨みがあるのかもしれません・・・僕もまだまだ人間が出来ていないです。

 

そう思ってしまうのはその子の両親のこともあります。

以前にその子を含めて喧嘩があったようです。

 

その事をクラス懇談の席で両親2人が出席し、一方的に1人の保護者を集中攻撃したようです。

その時に「発達障害とか何か持ってるんじゃないの、調べて適切な処置をしてくれ」とまで言った様です。

 

失礼この上ない発言です。

 

自分の子供がそんなことを言われると僕は我慢できません。

「お前ら両親2人もおかしいから親子で調べてこい!!」って言っちゃうと思います。

駄目ですね・・・。

 

それにその時の喧嘩、話を聞いているとその子にも原因が多々あるように感じるんです。

 

それはともかく、自分の子供がその子と何かあった時に一方的に攻撃されると思うと「〇〇君とあまり係らない様にしいや」と言いたくなりますよ。

 

そうするとこの子はますます孤立してしまうのが目に見えていますね。

 

いじめられる子にも原因がある、なんて言いたくないし言ってはいけない事だと思います。

 

でも親はそう言う事も含めて子供と話し合って解決策を見つけて行かないといけないんだと思います。

どうしても相手の子への恨みばかりが先立だつのでなかなか難しいですけどね。

 

そして一方的に両親そろって学校や保護者を攻撃するのはやっぱりいけない事です。

そんな事をしたらただのクレーマー、モンスターペアレントになってしまいます。仮に正しい事を言っていても。

 

そう言う時は一度冷静になってから学校や保護者と話をしないといけないですね。

 

そうしないと余計に子供がいじめられる、孤立する事になってしまう・・・親はその辺りをよく考えて行動しないといけないですね。

 

難しいことですが、自分自身への戒めもかねて記事にしました。

 

学校は社会の縮図、大人社会が変わらなければいけません。

子供たちの為にもみんなが思いやりをもって接することができる社会にしたいですね。

 

またこちらのブログもよろしくお願いします。

ダイエット始めます!!

 

ランキングの参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。

 


にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキング