無職父さんの目指せ!!節約生活

最近は息子(小学1年生)の不登校とも戦っています。2年生になりとりあえず不登校は解消されました。

うつで退職、すでに4年が過ぎようとしています。

社会復帰できるまで節約で頑張っていますが、ここへきて新たな問題が・・・

小学1年生の息子が学校へ行けなくなりました。

今は妻が学校まで連れて行っていますが、これからどうなる事やら

2年生になりとりあえず不登校は解消しました。

遅刻



スポンサーリンク

息子のクラスによく遅刻する子がいるそうです。

 

今日もその子は寝過ごして4時間目の途中から登校したと言っていました。

遅刻常習犯らしいので子供たちは「またか」って感じだった様です。

 

それはともかく寝過ごしただけで4時間目はないだろう?と聞いてみると寝過ごして学校へ行きたくないと言ったのを親に叱られて登校したようです。

 

先日書いたアンケートでいじめられてると言った子供なので、今回は寝過ごした以前に学校へ行きたくなかったんでしょうね。

 

他の子供にちょっかいをかけたり、遅刻や忘れ物の常習犯だったり、そう言うところも「いじめ」を誘発する原因になっているようです。

 

遅刻や忘れ物は親が少し気をつけていれば防ぐことができます。

いくら自主性をもたすためだとしても頻発するようなら親の関与も必要だと思うのですが・・・。

 

いじめられた子にも原因がとは言っちゃダメなのは百も承知なのですが、親は遅刻や忘れ物が多発している事でいじめに発展する可能性もあると推測はできるはず。

もう少しちゃんと見てあげればいいのになと思います。

 

でも他人の事なので冷静に見れるんでしょうね。

 

息子の場合は、小さかった事と何をされても反論できなかった事が大きな原因だと思っていますが、それ以外にも息子の起因する原因もあったのかもしれません。

 

でもその子はそんな中でも4時間目の途中からでも登校したのはすごいと思います。

息子には無理です。

息子もそれくらいのメンタルの強さを身に着けてほしいですね。

 

色々書いていますが、どんな事情があってもいじめは正当化できませんし、いじめられている子に「あなたにも原因がある」とは絶対に言ってはいけないです。

 

その事を踏まえて親としてどう対応したら良いのかな?と考えているところです。

 

またこちらのブログもよろしくお願いします。

ダイエット始めます!!

 

ランキングの参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。

 


にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキング