無職父さんの目指せ!!節約生活

最近は息子(小学1年生)の不登校とも戦っています。2年生になりとりあえず不登校は解消されました。

うつで退職、すでに4年が過ぎようとしています。

社会復帰できるまで節約で頑張っていますが、ここへきて新たな問題が・・・

小学1年生の息子が学校へ行けなくなりました。

今は妻が学校まで連れて行っていますが、これからどうなる事やら

2年生になりとりあえず不登校は解消しました。

うつは心の風邪なんかじゃないと思う。



スポンサーリンク

よくうつは心の風邪って言いますよね。

 

「誰でもなりうる病気、特別な病気じゃないよ」と言う事なのかもしれません。

 

実際、厚生労働省のホームページを見るとこれまでにうつを経験した人は15人に1人と言う統計結果がでています。

 

確かにありふれた病気の様です。

 

でも実際にうつを経験してみると風邪なんて簡単なものではありません。

 

いつも消えてしまいたい、死にたいと思いながら生きてる事の苦しさはなった事のある人しか判らないと思います。

そして実際に自殺してしまった人も沢山います。

 

僕も本当に死にたくて薬を大量摂取して救急車で運ばれたことがあります。

薬で死ねない事は判っていたのですが、「これだけ飲めば」と淡い期待を込めて吐きそうになりながら百錠以上の薬を飲みました。

 

結局こうして生きていますが(苦笑)

主治医には死ぬことはないけど一生透析をしないといけない様になる可能性があったと言われました。

 

それはさておき、普通の風邪で死ぬことはまずありません。

風邪は万病のもと、こじらせて「肺炎などになると死ぬこともある」と言われるかもしれませんが、それはあくまでも何らかの原因で他の病気になってしまった事によるものです。

それとこれとは別問題です。

 

何が言いたいかと言うと「うつはありふれた病気だけど、死につながる病気」だと言う事を理解してほしいなと思います。

 

家族にもしうつ病の人がいたら「心の風邪なんて言う軽いものではない」と言う事を理解してもらって無理をさせない様にしてほしいと思います。

 

でも変に深刻な様子で対応するのは辞めてくださいね。逆効果です。

見守る程度で今まで通り普通に接してあげてください。

 

またこちらのブログもよろしくお願いします。

ダイエット始めます!!

 

ランキングの参加しています。ぽちっとしてくれると嬉しいです。

 


にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキング